地域の交通安全活動

子どもの交通事故防止推進日

亀岡

トリックアートで事故防止

8月30日(月)早朝、亀岡市立千代川小学校前通学路前にて、亀岡警察署による“トリックアート化された横断歩道の渡り初め式”が催されました。

亀岡交通安全協会では、亀岡市交通安全対策協議会と一緒に「子どもの交通事故防止推進日」に係る活動として、渡り初め式に参加し、登校する学童の保護活動と運転者に対する交通安全啓発活動を行いました。

このトリックアート化された横断歩道は、京都産業大学の学生さんの提案に基づき作成されたもので、横断歩道の白線に沿って影が描かれ、運転手からは、横断歩道の白線が浮き上がり、まるでデコボコの障害物があるように見え、注意を促すことが期待できるそうです。

横断歩道は、歩行者優先です。そのことを運転手の方は忘れずに、横断歩道の前では、一旦停止をしましょう。

トリックアートで事故防止

お知らせ一覧に戻る